手動残高登録の使い方について教えてください。

CryptoLinCではウォレットアドレスのデータ連携対応を進めて参りますが、お客様のニーズと開発スケジュールが噛み合わないことが多々あります。
そこで手動で残高を管理する機能をご用意いたしました。
ハードウェアウォレットのようにあまり動かさないものは現状の残高を登録しておけば、日次の評価額推移も確認できます。

利用シーンは色々ありますが、以下のような利用パターンを想定しております。

パターン1

ウォレットアドレス未対応通貨の残高から日々の評価額を確認する。

パターン2

使っているBTCウォレットがアドレスを自動更新するタイプであるため、新しいアドレスから残高総数を確認することができず、過去作成されたアドレスもわからない。
一方、マイニング等を行っていて、報酬の送付アドレスはわかっている。
この場合、報酬の送付アドレスの連携は普通にアドレス連携で行い、それ以外の残高は手動登録することで、増加が見込める報酬の送付アドレスと、ほぼ固定であるウォレットの両方の日次評価額を確認する。

パターン1の使い方を以下に示します。
2020年5月現在、NEMのウォレットアドレスが未対応なのでNEMの残高を手動登録してみます。

新規登録の場合

Step 1

「ウォレットアドレス連携」設定ページにある「手動残高追加」をクリック

Step2

移動後の画面で「新規登録」をクリック

Step 3

登録したい通貨名と保有数、ウォレット名を入力し「更新」ボタンをクリックする

Step 4

このように登録されていることが確認できます。

ポートフォリオ画面でもこのように表示されています。


ポートフォリオAPIAPI連携の設定方法API連携手動残高登録手動残高
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら