CryptoLinC非対応の取引所での現物取引データはどのような操作で登録できますか?

現在のCryptoLinC非対応の取引所での取引については汎用フォーマットにお客様の取引内容を手動でご入力いただくことで取引データを取り込むことができます。

1. 現物取引フォーマットについて

CryptoLinCに戻り、TOPメニューの「収支計算」をクリックし現物取引のページにある「アップロード」ボタンをクリックしてください。

「汎用フォーマット」を選択してください。

以下の画面に移動するので、「サンプルフォーマット」をクリックしてください。

以下のようなファイルがダウンロードされたことを確認してください。
※注意事項
・シート名「取り込みデータ」の変更はしないでください。
・必須項目と任意項目があり、任意項目まで入力すると、より精度の高い計算を行うことができます。
必須項目は下の画像にて「必須」と記載しておきます。
任意項目は下の画像にて「任意」と記載しておきます。

2. 日本円で仮想通貨を購入した場合

下の画像は『「取引量」分の「取引通貨(BTC)」を「決済代金」の「決済通貨(JPY)」で買った』ということを示しています。

・No は画面上での表示はありませんが、「取引ID」として登録されます。
・取引日付については「取引年」が正しい年度が設定されていたらExcelの自動補完により「取引日」の年度情報が誤っていても、「取引年」が優先されます。
・「取引所」は任意の文字列が入力可能です。
・取引種別は「BUY、SELL、DEPOSIT、REVENUE、OPEN」に対応しています。詳細は個々の説明で行いますが、こちらでは購入処理であるため、「BUY」が使用されます。
・取引通貨、決済通貨では、仮想通貨、法定通貨の一般的な略称を英大文字で入力してください。

3. 購入した仮想通貨を売却した場合

下の画像は『「取引量」分の「取引通貨(BTC)」を「決済代金」の「決済通貨(JPY)」で売った』ということを示しています。
※購入明細は「2.日本円で仮想通貨を購入した場合」の物をそのまま使います。

・取引種別は売却処理なので「SELL」が使用されます。
・この取引では移動平均の場合「収益 = 売却価格 - 1通貨あたりの取得単価 × 売却量」なので
「650,000 - 300,000 × 1.5 = 200,000」が収益となります。

4. 仮想通貨を送金した場合

下の画像は『「取引量」分の「取引通貨(BTC)」を送金した』ということを示しています。
※購入明細は「2.日本円で仮想通貨を購入した場合」の物をそのまま使います。

・取引種別は売却処理なので「SEND」が使用されます。
・決済には使われないので決済通貨および決済代金は空欄で結構です。
・送金が発生したことで、この取引日時点での保有通貨量は送金分減っています。対応した「受領」明細が存在しない場合、取得原価への影響や、保有量以上の売却判定によるエラーなどが発生します。

5. 仮想通貨を受領した場合

下の画像は『「取引量」分の「取引通貨(BTC)」を送金した』ということを示しています。

・取引種別は売却処理なので「DEPOSIT」が使用されます。
・決済には使われないので決済通貨および決済代金は空欄で結構です。
・受領が発生したことで、この取引日時点での保有通貨量は受領分増えています。対応した「受領」明細が存在しない場合、取得原価への影響が発生します。

6. 仮想通貨同士を売買した場合

下の画像は『「取引量」分の「取引通貨(ETH)」を「決済代金」の「決済通貨(BTC)で買った』ということを示しています。
※決済に使う仮想通貨の購入処理もNo.1で記載しておきます。

・取引種別は購入処理なので「BUY」が使用されます。
・国税庁発表の「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」により、仮想通貨同士の売買ではその取引時点での他の仮想通貨の取得原価と、保有する仮想通貨の取得原価との差額が収益となります。
よって下記例の場合
【ETHの取得原価】
0.085078 × 29915.98295(この時点のETH/JPYレート) ≒ 2545.191
【BTCの取得原価】
0.003478 × 250000(No.1の取引レート)≒ 869.5
よって収益は 2545.191 - 869.5 ≒ 1676となります。

7. マイニングによって仮想通貨を取得した場合

下の画像は『「取引量」分の「取引通貨(ETH)」をマイニングにより「獲得」した』ということを示しています。

・取引種別は購入処理なので「REVENUE」が使用されます。
・決済には使われないので決済通貨、および決済代金は空欄で結構です。
・取得原価はこの取引時点のレートと獲得量である「取引量」を乗じたものになります。
・アフィリエイトによる獲得処理でもこの「REVENUE」を用いています。

8. 手数料を含む取引場合

下の画像のように、取引に伴う手数料に使用された通貨と手数料を入力します。

上記の場合
No.1の取引ではETHが手数料として0.001ETHが計上されます。
No.2の取引ではJPYが手数料として10円が計上されます。
・仮想通貨を手数料に使用された場合、レートは移動平均の場合はその取引時点の平均取得単価を使用します。
・手数料は仮想通貨の売買による収益とは別計上して収支計算報告書に記載されます。

9. 期首開始残高の登録

下の画像は、『「取引量」分の「取引通貨(BTC)」を「決済代金」円の取得原価で前期より引き継いだ』ということを示しています。

・取引種別は開始残高処理なので「OPEN」が使用されます。
・開始残高評価はJPY固定ですので決済通貨は空欄で結構です。
例としてNo.2で売却処理を行なっていますが、
この取引では移動平均の場合、「収益 = 売却価格 - 1通貨あたりの取得単価 × 売却量」なので
300,000 - 100,000 × 1 = 200,000が収益となります。

10. 法定通貨の入出金

仮想通貨を購入するための法定通貨(通常は日本円)入金、出金も記録できます。
収益には影響ありませんが、法人アカウントの仕訳エクスポートでは貸借を合わせるために必須になります。
取引所によっては入出金データの出力がないところも存在するので、その補完のため汎用フォーマットでの登録も受け付けます。
・取引種別
入金(銀行口座 → 取引所)は「DEPOSIT」
出金(取引所 → 銀行口座)は「SEND」とします。
決済には使われないので決済通貨、および決済代金は空欄で結構です。

11. 国外取引所の取引データ作成

・国外取引所での仮装通貨取引の場合、取引にかかる課税処理が変わるため、区別する必要があります。
・国外取引所での売買、送受金、その他の取引の明細には「国外取引所」という列の項目に任意の文字列(◯、OKなど、空欄以外)を入力し、その明細が国外取引所での取引であることを明確に指定してください。

12. タイムゾーンの指定

13. ファイルインポート

本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら