CryptoLinC非対応の取引所での証拠金取引データはどのような操作で登録できますか?

現在のCryptoLinC非対応の取引所での証拠金取引については汎用フォーマットにお客様の取引内容を手動でご入力いただくことで証拠金取引データを取り込むことができます。

1. 証拠金取引フォーマットについて

CryptoLinCに戻り、TOPメニューの「収支計算」をクリックし現物取引のページにある「アップロード」ボタンをクリックしてください。

「証拠金取引」のリンクをクリックしてください

「汎用フォーマット」を選択してください。

以下の画面に移動するので、「サンプルフォーマット」をクリックしてください。

以下のようなファイルがダウンロードされたことを確認してください。

※注意事項
・シート名「取り込みデータ(ポジション型)」の変更はしないでください。
・必須項目と任意項目があり、任意項目まで入力すると、より精度の高い計算を行うことができます。
必須項目は下の画像にて「必須」と記載しておきます。
その明細の状況によって入力の必要性が変わるものは下の画像にて「任意」と記載しておきます。

2. BTC/JPYのロングポジション(決済済み)の場合

下の画像は『「注文価格」分のポジションの建玉をロングポジションで持ち、「(決済価格)」で決済した』ということを示しています。

・No は画面上での表示はありませんが、「取引ID」として登録されます。
・取引日付については「注文取引年」が正しい年度が設定されていたらExcelの自動補完により「注文取引日」の年度情報が誤っていても、「注文取引年」が優先されます。
・「取引所」は任意の文字列が入力可能です。
・取引種別は「Long、Short」に対応しています。詳細は個々の説明で行いますが、こちらではロングポジション処理であるため、「Long」が使用されます。
・損益は「(損益)」が記載されていたらそちらを優先しますが、未記入の場合は「注文価格」と「(決済価格)」の差額に「(決済取引日)」時点の「損益受領通貨」のレート(JPYの場合はレート「1」)を乗じた値になります。
 上記例の場合はロングポジションなので

2,100,000 - 2,000,000 = 100,000

が損益になります。

 ※証拠金取引ではレバレッジを効かせることができますが、「注文価格」と「(決済価格)」はレバレッジをかけた後の額を入力してください。
・「損益受領通貨」は未記入の場合「JPY」となります。

3. BTC/JPYのショートポジション(決済済み)の場合

下の画像は『「注文価格」分のポジションの建玉をショートポジションで持ち、「(決済価格)」で決済した』ということを示しています。

・こちらではショートポジション処理であるため、「Short」が使用されます。
・上記例の場合はショートポジションなので

2,000,000 - 2,100,000 = - 100,000

が損益になります。

本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら