CryptoLinC「収支計算」の使い方

ここでは、CryptoLinCで仮想通貨取引の収支の計算から、確定申告までの流れを説明していきます。

操作の大まかな流れは以下の通りです。

0. 推奨環境を確認
1. 無料アカウント登録
2. 取引所の取引履歴をダウンロード
3. データをアップロード
4. 期首残高を作成
5. 計算方法を確認
6. ICO取引をチェック
7. 対応外取引所や相対取引をチェック
8. 送金・預入のデータを確認
9. 通貨不足明細をチェック
10. 期末残高の調整
11. 収支計算報告書の作成
12. 確定申告か税理士に提出

推奨環境を確認

まずは推奨環境を確認してください。

推奨環境以外では作業がしにくい・できない・イライラするのでちゃんと確認してくださいね。
特に、インターネットエクスプローラー(IE)やエッジ(EDGE)のご利用は申し訳ありませんが現状ではお勧めできません。文字化けやエラーにより作業が進みません。

詳しくは『クリプトリンク』の推奨利用環境についてをご確認ください。

必ずPCで操作してください

Windows7以降・Macとも対応(但し、OSはできる限り最新のものをご利用ください)

推奨ブラウザ:Chrome・firefox、safari(但し、ブラウザの設定によりまれにファイルアップロードに失敗する場合があります)うまくいかない場合は別のブラウザでお試しください

インターネット回線:光回線(速度が遅くファイル容量が大きい場合、まれにファイルアップロードに失敗する場合があります)

アップロードするファイルの大きさは一度におよそ2MB程度が上限となります。これを超える場合は分割してアップロードしていただくか、計算代行サービスをお申込みください。

困ったらまず「よくある質問」等をチェック!

お問い合わせメールには極力ご返信していますが、どうしても返信までお時間がかかります。
お問い合わせ内容の90%以上は「よくある質問」「公式Twitter情報」「障害情報」で解決できる内容です。
これらの情報もぜひご確認ください。

まずは無料アカウント登録!

クリプトリンクのご利用にはまず無料アカウント登録が必要です。個人向けの場合、2019年の確定申告は無料でご利用いただけますのでぜひお試しください。(法人アカウントの無料版は機能制限を設けております)

登録したメールアドレスに「メールアドレスの認証メール」が数分以内に届きます。 届きましたら【認証して利用開始する】をクリックして利用を開始してください。 メールが届かない場合はSPAM扱いでゴミ箱行きになっていないかご確認ください。 メールアドレスを間違って登録した場合も届きません。その場合は再度ご登録ください。

取引所の取引履歴をダウンロード

次に計算で使う取引所のCSVやEXCELのダウンロードを行います。 方法は各取引所の明細ファイル取得方法ページに記載しています。確認しながら進めてください。

データをアップロード

取得したデータをアップロードしてください。これもダウンロード同様、各取引所の明細ファイル取得方法ページを確認しながら行ってください。

期首残高を作成

2018年も取引がある方は以下どちらかの方法で期首の残高を作成してください。

①新規明細登録にて期首の残高を登録する方法

【新規明細登録】から、取引種別を「前期繰越」に設定し、「取引通貨」「取引量」「取引価格」などの情報を入力。

【新規明細登録】の使い方が分からない方は取引データの手入力追加の方法ページをご確認ください。

②2018年の計算を行い年度繰り越しを行う方法

右上の年度を2018年に設定して2018年の計算を行った後、年度繰り越しを行います。
こちらの方法をお選びの方は 次項【計算方法の確認!】 以降を参考に操作してください。

年度変更

年度繰越

年度変更して、2018年で計算を終えたのち 年度繰り越し(右上の【歯車マーク】をクリック)にて、年度の繰り越しを行ってください。

計算方法を確認

クリプトリンクでの計算方法を右上の【歯車マーク】集計設定より選択してください。

日本在住の個人のお客様の場合は、原則として「総平均法」の適用が定められております。 移動平均法での計算をご希望の場合は、確定申告期限までに申請が必要です。 詳しくは、所得税の仮想通貨の評価方法の届出手続はこちらをご覧ください。

ICO取引をチェック

日本国内でもCOMSAがICOをしたり、カルダノ(ADA)のICOで大きな利益を得た方もいらっしゃいます。
2019年にICOに参加された方は、以下どちらかの方法でICO取引を登録してください。

①新規明細登録にてICO取引を登録する方法

登録後【再集計】をクリックすると計算が開始されます。
詳しくは、ICO取引の登録方法をご確認ください。

②汎用フォーマットにてICO取引を登録する方法

ICO取引が複数ある場合には、汎用フォーマットを活用して反映させることができます。 ※必ず決済通貨側をBTCやETH、JPY等のクリプトリンクでレート情報を保持しているものをお使いください。

対応外取引所や相対取引をチェック

クリプトリンクで対応外の取引所の内容も、「汎用フォーマット」で取り込むことが可能です。
クリプトリンクが対応している取引所で取り扱われているコイン・トークンについては、「決済通貨」で指定いただければ、どのようなコインでも計算し取り込むことが可能です。
特に海外取引所で取り扱われているコインの大半はBTC建てもしくはETH建てですので、計算可能です。

※現在、クリプトリンクではJST(日本標準時)で時間を取り込んでおります。Poloniex等海外の取引所の場合、GST(世界標準時)等で表示されるため、登録の際はタイムゾーン設定の上データの取り込みをおこなってください。

送金・預入のデータを確認

クリプトリンクでは通貨の動きを正確に把握するため、計算を行う際にA取引所とB取引所間の〇〇通貨の【送付した】や【受け取った】たという履歴も追っています。
※マイニングや、ICO、対面取引、店舗での購入等の情報が漏れないためという側面もございます

そのため、「送付」「預入」の明細が正確に登録されていないと通貨の不足や、残数が合わない、といった事が発生します。

仮想通貨の送金は利益計算に影響させていません(送金しただけで利確になりません)が、仮想通貨の送金後の受け入れ先のデータが無い場合はコインの残数は減少しますのでできるだけ送金預入のデータをついになるようご注意ください。

もし対応取引所以外で購入した仮想通貨を入金した場合は、汎用フォーマットファイルで購入時のデータを作成してアップロードしてください。
詳しくは、送金・預入についてをご確認ください。

また、送金と預入の明細を無視したい方は、「集計設定」の「送金・受領明細の取り込み無効設定」を「ON」にして「適応して再計算する」を押すことで、入出金のデータを無効にします。

通貨不足明細をチェック

全ての取引を取り込み、送付・預入の確認ができたら「通貨不足件数」が0件になっているかどうかを確認します。

通貨不足件数が1件でもありますと「通貨不足を解消する」ボタンが現れます。
「通貨不足を解消する」ボタンをクリックすると、以下のように「通貨名」「不足発生日時」「不足最大日時」「最大不足分」「修正」ボタンが表示されます。

ここで修正する場合は「修正」ボタンを押して、通貨不足の解消を行ってください。
詳しくは、通貨不足の明細を修正する方法をご確認ください。

また、通貨不足のたいていの理由は、以下のどれかになります。

・すべての取引データが登録されていない ・年度切り替えを行っておらず前年の取引の履歴が反映されていない ・預入、送金といった通貨を移動したデータが反映されていない ・通貨の保有数の額が小さくデータに反映されていない

期首残高の入力漏れや送金・預入の明細不足など、データのインポート忘れがないか再度確認してください。

期末残高の調整

集計期間のデータを全てクリプトリンクに取り込んだ際に、集計期間の期末残高が実際のウォレットの残高と異なってしまう場合があります。(端数処理や手数料、送金・預入の取り込み無効設定など理由はいくつかあります)

そこで、個人・法人ともに期末おいて「現物の棚卸処理」が必要になります。
詳しくは、期末操作の方法についてをご確認ください。

また、個人の場合は「みなし取得価額設定」をすることができます。 詳しくは、みなし取得価額の適用についてをご確認ください。

そして、証拠金取引を行なっている法人で未決済取引がある場合は「みなし決済」を行う必要があります。

収支計算報告書の作成

データを入れ終えたら集計をします。
「期末処理」からそのまま「収支計算報告書」を作成することもできます。

それ以外の方法だと、「収支計算」の「集計結果一覧へ」から「収支計算報告書作成」をクリックすると確認画面がポップアップします。
そこで「収支計算報告書 作成」をクリックすると、PDFの「取引データ集計報告書」、「現物取引データ」(全ての取引所のデータを合算し、コインごとに集計したもの)、「FX取引データ」等が出力されます。

これらをダウンロードし、内容を確認してください。

なお、環境によってはエクセルファイル名が文字化けしているケースがあるようです。 その場合はダウンロードしたファイルのファイル名を変更し、拡張子を「.xlsx」または「.xls」にすればエクセルで開くことができます。

これまでアップロードしたデータは「アップロードファイル」をクリックすると表示されます。

確定申告か税理士に提出

ご自身で確定申告する場合、計算結果を利用して、国税庁ホームページからすることも可能です。

また、税理士に委託する場合は、弊社にて仮想通貨税務に精通した税理士をご紹介することもできます。
紹介自体は無料で行わせていただいております。

質問はお問い合わせ画面から!

有料サポート対象の方から優先的にサポートを行っているため、お問合せの回答が遅れることも
ありますがご了承いただければ幸いです。

うまくできましたか!?

クリプトリンクの基本的な使い方は以上の通りです。
なお、税金の相談等をお問い合わせいただく場合がありますが、クリプトリンク自体は税理士事務所ではなく、仮想通貨の収支計算システムを提供する会社です。

また、お客様毎の取引内容や置かれている状況により判断が変わると思われます。
そのようなご質問は顧問税理士か所轄税務署にお問い合わせください。
弊社からご返信をすることはできません。

お答えできないご質問例

・ 税金の計算をしてほしい
・ 総平均法と移動平均法どちらがよいですか
・ 税金はいくらになりますか
・ 私は確定申告は必要ですか

など。

もし、仮想通貨税務に詳しい税理士に心当たりがない場合は、弊社にて仮想通貨税務に精通している税理士をご紹介することもできます。

お申し込みはこちら
こちらも合わせてご検討ください。


使い方収支計算CryptoLinCクリプトリンク
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら