収支計算報告書の作成方法について教えてください。

収支計算報告書を作成するためには、先に取引データをアップしておく必要があります。
取引データのアップロード方法はこちらからご覧いただけます。

収支計算報告書作成ページに進むにはいくつか方法があります。
・期末処理を行う。詳細について個人の方はこちら、法人の方はこちらを参照してください。
・データインポート後のメッセージ内リンクから移動
・集計結果一覧からの移動

本稿では「集計結果一覧からの移動」を説明します。

作成までの手順

CryptoLinCのサービスサイトへログインしましたら、「収支計算」画面から「集計結果一覧へ」をクリックします。

※上記例の画面はデータインポート直後の画面ですが、実行日が期末日時以降である場合にはデータ取り込み完了を示すメッセージとともに「収支計算報告書 作成」ボタンも形成されます。期末処理など実施済み、または不要である場合はこちらから移動することも可能です。

続いて、「収支計算報告書作成」をクリックします。

集計期間や収支算出方式、対象となる取引に間違いがないことを確認して、「収支計算報告書 作成」ボタンをクリックします。

※ 明細件数が大量にあると集計処理及び、その資料作成にお時間が掛かることがあります。
 もし、申告処理に使う「取引データ集計報告書(PDFファイル)」のみの作成で良い場合は
 「収支計算報告書のみ作成する」にチェックを入れてください。

すると、「取引データ集計報告書.pdf」をはじめ、各種集計結果を記したファイルが作成されます。

作成されたファイルはそれぞれの右側にある「ダウンロード」リンクをクリックすることでダウンロードできます。
また、もし一括して全てのファイルを取得したい場合は作成された表のラベルにある「ZIPファイル」リンクをクリックしてください。

申告に使用するファイルを決めた後

収支計算報告書の作成に回数制限はありませんが、申告業務に使用するファイルを決めたら画面にあるチェックボックスをクリックしてください。
画面上でも説明していますが、申告に使用する書類は7年間の保存義務があります。このチェックをONにすると一括削除などで誤って消すことを防ぎます。


収支計算報告書使い方ガイド作成方法
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら