binanceの連携用APIキーはどのように取得したら良いですか?

CryptoLinCのAPI連携では参照権限のみを設定したAPIキーを利用します。
また、CryptoLinC以外のサービスで既にご利用いただいているAPIキーの場合、設定によっては正しくご利用いただけない場合がございます。
お手数ですが、以下の手順に従いCryptoLinC専用のAPIキーの作成をお願いいたします。

binanceは現物取引以外にも多彩なお取り引きが可能ですが、現物取引アカウント(現物ウォレット)のほうの残高しか連携できません。

Step 1

https://www.binance.com/ja/my/settings/api-management
こちらに移動し、APIキーのラベルに任意の名称を記入して「作成されたAPI」をクリックします。
必要に応じて二段階認証コードも求められますが、そちらも入力します。
binanceに登録したメールあてに認証メールが送信されるので、そちらも確認し、認証リンクをクリックしてください。

Step 2

認証リンクをクリックすると、このようにAPIキーが作成されます。
しかし、初期状態のAPIキーでは取引権限も有効になっているのでそれを無効にします。
APIキーラベルの右隣になる「制限を編集」をクリックします。

するとAPIの制限:の項目が編集可能になるので「読み込みを有効にする」以外のチェックボックスのチェックを全て外します。

(任意ではありますが、接続先のIPを指定することでよりセキュアにご利用いただけます。CryptoLinCのIPはこちらをご確認ください)
以上の編集を行ったら「保存」ボタンをクリックし、編集内容を有効にします。

なお、この画面で表示される「Secret Key」はこの画面でしか確認できません。
リロードしたり、別の画面に移動すると「Secret Key」は非表示になるので忘れずにメモしておいてください。

Step 3

上部メニューの「ポートフォリオ」をクリックし、そのページ内にある「データ連携」をクリックします。

続いて、データ連携画面でAPI連携したい取引所を選択します。

Step2にて確認した「API Key」「Secret Key」をCryptoLinCの連携設定ページにて入力し、「登録」ボタンをクリックしてください。


ポートフォリオAPIBinanceAPI連携の設定方法API連携
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら