「トークン・暗号資産引取」機能で損だしをする方法を教えてください

「トークン・暗号資産引取」機能は投資したトークンを全損させることで損だしを行い収益と相殺させる事ができる機能ですが、ここでは具体的な損だしの方法を説明します。

(前提条件)「購入」という形でトークンを獲得

ここでは購入取引でトークンを取得した場合の損だしの仕方を説明します。
ICO投資などでトークンを獲得した場合にはこちらを参照してください。

Step 0

例として2020年にSPDを100,000個、100万円で購入したとします。

2020年は何もせずこのまま次年度繰越を行いました。
次年度繰越処理についてはこちらを参照してください
すると、2021年には前年から繰越という形でSPDが登録されています。

Step 1

2021年は暗号資産投資を行い、ある程度の収益が発生しました。

このように現在¥1,542,824の収益が発生しているとします。
給与所得など他の所得との兼ね合いもありますが、これだとそれなりに所得税が発生してしまいます。

Step2

SPDの上場が難しくなったことを受け、ここで「トークン・暗号資産引取」機能を使い、SPDの損だしを行います。
「トークン・暗号資産引取」機能の詳しい使い方についてはこちらを参照してください。

すると、このように元々¥1,542,824あった収益が
SPDの100万円損だしのおかげで

1,542,824 - 1,000,000 = 542,824

となりました。
収益が100万減ったことになるので所得税は数十万節約できたことになります。

以上が「トークン・暗号資産引取」機能を使った損だしの方法です。
ICO投資などでトークンを獲得した場合にはこちらを参照してください。
申告の際は証明書として

こちらも忘れずにご提出お願いいたします。

また、本サービスにかかった費用10,000円は経費申請可能ですので、収益から更に相殺して申告してください。

542,824 - 10,000 = 532,824

以上です。


収支計算トークン管理使い方ガイド暗号資産廃棄引取Trash損だし
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら