NFT取引の損益計算について教えてください

NFT取引の収支計算についてですが、2021年9月21日現在、国税庁からNFT取引の税務上の取り扱いについて、明確な指針は出ておりません。
よって弊社の対応としては、取引概要から既存ルールと照らし合わせ、類似ケースを参考に以下のような方針での収支計算を行います。(説明のため、小数点の端数については省略して説明いたします)
今後、国税庁からの方針発表により、計算方法の変更が発生する可能性はございますが、あらかじめご了承願います。

基本方針について

  • NFT取引に伴う損益の計算は基本的には取引で発生する「差額」が損益として計上されます。
  • 法人の場合、暗号資産では期末時価評価という、期末時点での時価評価との差額を損益に計上することになっています。
    参考:期末時価評価とはなんですか?
    しかしNFTの場合は時価レートというものは存在せず、あくまで取引者同士の需給関係により値段が決まるという観点から期末時価評価の対象にはならない、と考えております。

サンプル(移動平均)

Step 0

前提として、NFTの購入資金として1ETHを取得原価75,000円で保有しているものとします。

Step 1

2021年03月20日にNFT資産「LAND (1, 8)」を0.78ETHで購入しました。

この取引では2021年03月20日時点で「LAND (1, 8)」に0.78ETHという値がついていました。
この時点のETHの時価レートはおおよそ197,848円なので、このNFTの取得原価は

197848 × 0.78 ≒ 154322

となります。

一方、この取引では別側面として取得原価75,000円で保有していた1ETHの中から0.78ETH分を154,322円で売却したことになります。
現物取引明細を確認すると、

このような明細が追加されています。
こちらは移動平均ですので、この時時点の結果から収益を計算します。
移動平均での収支計算方式は
「移動平均法とは」
こちらで示しているように

【その時点の取引価格合計】÷【その時点の保有総数】=【平均取得原価】
【売却価格】ー(【平均取得原価】× 【売却数量】 )= 【収支金額】

となります。
今回の結果に当てまめると、
まず【平均取得原価】はStep 0時点のものとなりますので

75000 / 1 = 75000

となります。
続いて【売却価格】ですが、こちらはStep1で売却した0.78ETHの評価額 154322円となります。
以上のことから

154322 - (75000 × 0.78) ≒ 95823

となります。

Step 2

2021年04月05日にNFT資産「LAND (1, 8)」を0.78ETHで売却しました。

0.78ETHで売却しましたが、この時時点のETHレートは230180.23となっております。
NFT売却時の損益は

(決済通貨時価レート × 決済通貨受取数量)- (売却対象のNFT取得原価)

で計算しているので

(230180.230 × 0.78)-(154322)≒ 25217

となり、NFT取引による損益は25,217円となります。

一方、この取引では別側面として0.78ETHを時価レート230180.230円で取得したことになります。
現物取引明細を確認すると、

このような明細が追加されています。

この明細は保有通貨の増加を示すものですので、収益の発生はありません。

サンプル(総平均)

Step 0

前提として、NFTの購入資金として1ETHを取得原価75,000円で保有しているものとします。

Step 1

2021年03月20日にNFT資産「LAND (1, 8)」を0.78ETHで購入しました。

この取引では2021年03月20日時点で「LAND (1, 8)」に0.78ETHという値がついていました。
この時点のETHの時価レートはおおよそ197,848円なので、このNFTの取得原価は

197848 × 0.78 ≒ 154322

となります。

一方、この取引では別側面として取得原価75,000円で保有していた1ETHの中から0.78ETH分を154,322円で売却したことになります。
現物取引明細を確認すると、

このような明細が追加されています。
総平均ですので、この時点での収支額は確定していません。

Step 2

2021年04月05日にNFT資産「LAND (1, 8)」を0.78ETHで売却しました。

0.78ETHで売却しましたが、この時時点のETHレートは230180.23となっております。
NFT売却時の損益は

(決済通貨時価レート × 決済通貨受取数量)- (売却対象のNFT取得原価)

で計算しているので

(230180.230 × 0.78)-(154322)≒ 25217

となり、NFT取引による損益は25,217円となります。

一方、この取引では別側面として0.78ETHを時価レート230180.230円で取得したことになります。
現物取引明細を確認すると、

このような明細が追加されています。

ここまでで現物取引での収支を計算します。
総平均での収支計算方式は
「総平均法とは」
こちらで示しているように

【売却総額】 - (【平均購入原価】×【売却総数】) = 【収支金額】

です。
売却総額はStep 1で発生した154,322円です。
平均購入原価ですが、こちらはStep0 の「1ETHを取得原価75,000円」とStep 3の「0.78ETHを時価レート230180.230円で取得(つまり取得原価179,540.58円)」
の平均値となりますので、

(75000 + 179540.58)/( 1 + 0.78)= 143000.325843

となります。
つづいて、売却総数
こちらはStep 2の0.78なので、これらの数値を公式の当てはめると

154322 - (143000.325843 × 0.78) = 42781.7458425 ≒ 42782

となります。


計算方法についてNFTNFT取引
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら