クリプトリンク以外で作成した前年度の期末の数量を、今期の期首のデータとして登録するにはどうしたらいいですか?

今期の期首のデータの作成方法についてご案内いたします。
 
期首のデータの登録方法は以下の3つご用意しております。
 
①手動で登録
②汎用形式ファイルを利用して登録
③他社データのインポート
 
それぞれご紹介をいたします
 

操作の流れは「期首データの登録方法」チュートリアル動画もご覧ください。

①手動で登録

手動で1つずつ期首データを登録する方法になります。
 
1.収支計算画面の右側、赤枠の箇所「新規明細登録」をクリック

 
2.明細登録画面が表示されますので、「取引種別」に【前期繰越】を選択し、取引通貨、取引量、取引価格(所持している分の通貨の総購入価格)を入力して【登録】ボタンをクリック

 
クリプトリンク上に期首の数字としてデータが反映します

 
この操作をお持ちの通貨毎に行ってください。
 
 

②汎用形式ファイルを利用して登録

汎用形式ファイルを利用すると複数の通貨を同時にシステムに反映することができます。
 
1.収支計算画面の右側、赤枠の箇所「アップロード」をクリック

 
2.アップロード画面を一番下までスクロールすると表示される、「汎用フォーマット」をクリック

 
3.表示された画面の右上の「サンプルフォーマット」をクリックすると、excelファイルがダウンロードできます。

 
4.ダウンロードした、ファイルに情報を登録します。
 登録する情報は、
 取引年、取引日、取引時間、取引所、取引種別、取引通貨、決済通貨、決済代金、取引量
 になります。ご自身の期首の情報をご入力ください

 
5.このファイルを先ほどの、「汎用フォーマット」の取り込み口にから、取り込みを行ってください

 
クリプトリンク上に期首の数字としてデータが反映します

 

③他社データのインポート

他社のデータをそのままインポートしたい場合には、対応方法お伝えしますのでお問合せください。
 
 
期首データの作成については以上となります。


本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら