計算方法の変更について教えてください。

仮想通貨の取得価額の計算方法の変更について

ここでの説明は「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)(平成30年11月)」に準拠しています。

国税庁は、仮想通貨の取得価額の計算方法について【移動平均法】を推奨しています。
しかし、継続適用を条件に【総平均法】での計算も認めています。

そして、仮想通貨の取得価額の計算方法の変更についても、【移動平均法】から【総平均法】への変更を認めています。計算方法の変更は遡及しません。

前年は移動平均法で計算し、今期は総平均法に計算方法を変更する場合、今期の前期繰越分の仮想通貨の数量・取得価額は前期の移動平均法で計算した仮想通貨の数量・取得価額になります。

CryptolinCのシステム上の操作だと

前期の収支計算報告書を作成します。

右上の歯車アイコンから集計設定を選択します。

 
確定して年度を切り替える を押します。

今期に自動で切り替わります。

右上の歯車アイコンから集計設定を選択します。
収支算出方式を総平均法へ変更します。

以上で、計算方法の変更は終わりです。
この後に前期データの再集計・収支計算報告書の作成は行わないでください。

本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら