【新規明細登録】で「売却」明細を登録するにはどのように入力すればよいですか?

新規明細登録」機能を用い「売却」明細を作成する手順を説明します。

Case 1 暗号資産(仮想通貨)を売却して法定通貨を得るパターン

一番シンプルな取引です。暗号資産(仮想通貨)を売却して法定通貨、つまり日本円を使って
※ここでは手数料は考えません。手数料についてはCase3 で説明します。
※「売却」明細は売却対象となる通貨が事前に存在しないとエラーになるので、あらかじめ「購入」明細を作成しておきました。

フォームにはこのように入力します。
取引種別に「売却」を選択
取引通貨には「売却」する暗号資産(仮想通貨)の略称・シンボルを入力します。
決済通貨には「売却」して得る通貨、この場合はJPYを入力します。
取引量には「売却」した取引通貨の量
取引価格は「売却」して得た通貨の量
例の場合、1BTCを売却して1,600,000円得た、となります。

これで「登録」するとこのように売却明細が登録されます。

Case 2 暗号資産(仮想通貨)を売却して別の暗号資産を得るパターン

暗号資産(仮想通貨)を利用して別の暗号資産を購入するパターンです。
※「売却」明細は売却対象となる通貨が事前に存在しないとエラーになるので、あらかじめ「購入」明細を作成しておきました。

Case1との違いは決済通貨に入力する「売却」して得る通貨が暗号資産(仮想通貨)の略称・シンボルになっている点です。
取引価格も売却する暗号資産の量になるので、
例の場合、0.5BTCを売却して5ETHを得る、となります。
これで「登録」するとこのように売却明細が登録されます。

この明細わかりづらいですが、こちらのcase2と同じです。
「売却」となったことで取引通貨と決済通貨が逆になっています。
「暗号資産」対「暗号資産」の取引なのでこちらで説明させていただいたように収支が発生します。

Case 3 暗号資産(仮想通貨)を売却して法定通貨を得る、手数料が発生するパターン

暗号資産(仮想通貨)を売却して法定通貨を得る、手数料が発生するパターンです。
手数料の考え方については移動平均法の場合はこちら、総平均法はこちらをご参照ください。

手数料通貨には手数料に使用された支払う通貨の略称・シンボルを入力します。
手数料は初期状態では入力できなくなっていますが「手数料通貨」に入力することで入力できるようになります。こちらには手数料として使った量を入力してください。上記例では100円使ったことになります。


設定方法使い方ガイド
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら