不明な預入明細の訂正方法について教えてください。

CryptoLinCでは、「預入処理の詳細設定」をOnにした場合、預入時の取得原価を取引時点のレート情報をもとに計算しています。

しかし、アップロードされる明細の中には取得原価やレート情報が不明な預入明細も含まれているため、取得原価が不明な預入明細は計算対象外として処理しています。

また、取引所でダウンロードできるファイルでは、自分の別ウォレットから送付した仮想通貨の預入や、他者からのマイニングやハードフォーク等の受け取りなどを全て預入明細としている場合があります。

そのようなファイルが存在していますと、正しい収支計算ができなくなってしまうため、取得原価が不明な預入明細に関して正しく修正する必要があります。

不明な預入の修正パターンは以下の6つになります。

1. 自分の別ウォレットからの移動
2. 他者からの受け取り
 2-1. マイニング
 2-2. アフィリエイトやログイン報酬
 2-3. ハードフォークやエアドロップ
 2-4. その他、譲受(レート情報が分かる場合)
 2-5. その他、譲受(レート情報が分からない場合)

※ここで言う他者とは、個人だけでなく取引所なども含まれています。

では、それぞれのパターンの修正方法について詳しく説明していきます。

自分の別ウォレットから移動させた場合

自分の別ウォレットからの預入の場合は、取引時点の通貨の平均単価に預入量をかけた金額が預入の取得原価になります。

しかし、自分の別ウォレットからの送付明細がある場合は、その送付明細と対にして計算対象外にして「再集計」をクリックしてください。

マイニングで通貨を受け取った場合

対象の明細を選択して「訂正する」ボタンをクリックし、預入明細の取引種別を「マイニング」に変更します。

アフィリエイトやログイン報酬を受け取った場合

対象の明細を選択して「訂正する」ボタンをクリックし、預入明細の取引種別を「ボーナス」に変更します。

ハードフォークやエアドロップを受け取った場合

対象の明細を選択して「訂正する」ボタンをクリックし、預入明細の取引種別を「ハードフォーク」に変更します。

その他、仮想通貨を譲り受けた場合(レートが明確)

対象の明細を選択して「訂正する」ボタンをクリックし、預入明細の取引種別はそのままで「取引通貨JPYレート」に取引時点のレートを入力します。

その他、仮想通貨を譲り受けた場合(レートが不明)

対象の明細を選択して「訂正する」ボタンをクリックし、預入明細の取引種別はそのままで「取引通貨JPYレート」に0を入力します。


預入不明詳細設定訂正
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら