証拠金取引明細の編集機能の使い方について教えてください。

CryptoLinCにアップロードした証拠金取引明細は各明細ごとに訂正することができます。ここでは、証拠金取引明細の訂正方法について説明していきます。

証拠金取引明細の訂正方法

CryptoLinCの「収支計算」画面の「証拠金取引」をクリックして、訂正したい明細をクリックしてください。

続いて、明細の詳細画面が出てきますので、一番下の「訂正する」ボタンをクリックしてください。

訂正するボタンをクリックしますと、入力画面に移ります。ここで、必要な情報や訂正したい情報を入力して、「保存」ボタンをクリックしてください。

【補足】

・「損益」は建玉数量、注文価格、決済価格から自動で入力されます
・「損益」の値を変えたい場合は、自分で値を入力してください
・ 決済取引日時を入力しない場合は、未決済明細として登録されます
・ 決済済み明細として登録する場合は、決済取引日時、決済価格、損益を必ず入力してください
・「スワップ」や「手数料通貨」はある場合のみ入力してください
・「損益受領通貨」は損益を受け取った通貨を入力してください。何も入力しない場合は「JPY」として登録されます
・「損益受領通貨」にJPY以外の通貨を入力した場合には、「損益 × 取引時点のレート」でJPY換算した収支を算出しています

保存ボタンをクリックしますと、明細が訂正されます。明細の訂正を行いましたら、一度「再集計」を行い、収支を更新させてください。

明細訂正時にエラーになる場合

明細を訂正する際にエラーとなって訂正されない場合があります。以下の場合は、エラーとなってしまいますので、ご注意ください。

・ 注文取引日時よりも決済取引日時が前の場合
 例:注文取引日時 2018/07/25 09:00:00、決済取引日時 2018/07/24 09:00:00
・ 取引日時が今期の集計期間ではない場合
・ 建玉数量が空欄になっている場合
・ 決済取引日時を入力しているが、決済価格や損益が空欄の場合
・ 手数料通貨を入力しているが、手数料が空欄の場合
・ その他、数字のところが文字になっている場合


使い方証拠金取引明細編集機能
本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら