仮想通貨同士の交換を行なった場合について教えてください。

仮想通貨同士の交換を行なった場合

CryptoLInCで行なっているの仮想通貨で商品を購入した場合の収支計算について説明させていただきます。
基本的には国税庁が発表している「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)(平成30年11月)」に準拠しています。

※ 本項目では計算方式に移動平均法を使います。

例1:ETHをBTCで購入した場合

① 3月9日 2,000,000円で2BTCを購入した。
② 5月20日 10ETHを1BTCで購入した。

①の時点での購入単価は1,000,000円(2,000,000円 ÷ 2BTC)
「仮想通貨」対「仮想通貨」の売買は「保有する仮想通貨」を譲渡して「別の仮想通貨」を購入するという扱いになるので、簡単に説明すれば
上記例の②では1BTCを売却して日本円を取得=>取得した日本円を支払い10ETHを購入
という流れになります。
計算式は

[売却価格] - [1BTC当たりの購入単価] × [支払った数量] = [所得金額]
※ここでいう売却価格とは、 「5月20日時点のETHの時価レート×購入量」のことです。

となりますので

(78214.85821 × 10) - (1000000 × 1) ≒ -217851
※ 78214.85821は2018年5月20日時点のETHの対円時価レート

実際にCryptoLinCのシステムでも試してみましょう。
※取引所の明細だと調整が難しいので明細の手動追加にて確認します。
① 3月9日 2,000,000円で2BTCを購入した。

② 5月20日 10ETHを1BTCで購入した。

となります。

本記事でお客様の疑問は解決しましたか?
もし、本ページの説明がわかりにくい、情報が古い、等の
問題がございましたら、以下のリンクよりお気軽にお問合せください。

フィードバックはこちら